2017.02.04 Updated

Certificate Program 参加者様のコメントご紹介: Workshop 1 「教えることの土台:MATメソッド」, Workshop 2「右脳と左脳の活性化」 から

いよいよ2017年 IIEEC-OUP Certificate Program 夏セッション が始まります! 
参加者様からいただいたコメントから、Workshops 1 & 2 について一部ご紹介いたします。

(Workshops 3 & 4 のコメントはこちら、 Workshops 5 & 6 のコメントはこちらから。)


-- Workshop 1 教えることの土台: MATメソッド より --

I was not sure how well it would work for kids that were so young, especially since their pronunciation is not great even for Japanese worse. I was surprised at how well the MAT method worked. As long as I could keep their attention by moving around or fluctuation my voice, the students picked up the new words very quickly.
小さい子供にMATはどのぐらい効果的に教えられるのか、不安に思っていました。彼らは日本語でさえちゃんと発音出来ないからです。でも、MATで教えると生徒は新しい言葉を覚えたので驚きました。

Teaching living English is possible when the student is the center of a lesson.
子供中心のレッスンを行うと生きた英語を教えることが可能だということがわかりました。

I have become a huge fan of the six second drills. When I first heard about them I was skeptical, but after seeing how to use them in the practicum, my mind has been changed.
6秒間ドリルの大ファンになりました。初めて聞いたときは、疑い深く思っておりましたが、実際にやってみるととても効果的でした。

What I was surprised at when I used MAT 3 steps for the first time, was thatmy students were very much engaged with me for the whole time and Basic Practice part went like magic.
MAT3ステップで初めて教えた時大変驚きました。生徒は集中してレッスンに参加でき、大きな成果が得られました。

This whole workshop was full of surprises. My idea of teaching and my teaching style have been changed dramatically. The teacher taught us how to hold picture cards, the workshop was very educational that taught us what kind of English teacher I should be in the future.
今回のワークショップは驚きに満ちたものでした。そして、私の今までの考え方や教え方が180度変わりました。トレーナーの先生方はカードの持ち方からていねいに教えてくださり、将来どのような講師になったらよいのかが良くわかりました。

Since the students are speaking for 80% of the class time, and they do not have to wait for their turn to answer questions one at a time, they seemed to really enjoy learning in this way. After the class was over, I noticed a sparkle in their eyes like they really enjoyed learning today and had a sense of pride.
生徒達は自分の順番を待つことなく、レッスンの80パーセント会話することができるようになりました。このスタイルを子供たちも楽しんでいるようです。目がきらきらと輝き自信を持って話すようになりました。

At private English classes, the parents want their children to become able to speak English, but I had been thinking that it would take time for children to be able to speak English because they should know enough vocabularies, sentence patterns and grammars before speaking. I changed my way of thinking after learning MAT METHOD. By practicing introductory exercise and 6 second DRILL of vocabulary, sentence and question, I now believe that children will be able to speak.
私のプライベートクラスでは、保護者は子供たちに英語を流暢に話せることを強く望んでいます。しかし、私はそうなるまでには少し時間がかかるだろうと思っていました。まだまだ語彙が少ないし、話せる文型もわずかだったからです。でもMATに出合ってこの考え方は大きく変わりました。6秒間ドリルで子供たちは単語も、文型も質問文もどんどん覚えて生徒同士会話するようになりました。

I tried to use Living English to my daughter. (I used to speak to her slowly in English, because I believed it was easy to understand and to listen.) but she has much better ears than I thought. She was able to repeat certainly what I said. And I tried her to say not only the answer forms but question forms as well. Now she is able to ask me questions. It means we can communicate in English.
娘にLiving English を使って話してみました。(それまでは、ゆっくり英語を話していたんです。その方がわかりやすいと思っていたので。) でも、娘は耳が良いことがわかりました。私の言ったことをちゃんと繰り返すことができたのです。また、答え方ばかりでなく、質問の仕方も教えてみました。今や、娘が私にいろいろ聞くことができます。つまり、英語で会話できているのです。

I think the kids enjoyed the fast pacing of the 6 second drills and I was surprised by their ability to retain vocabulary. And my students really enjoyed interacting with their classmates. I tried to include the parents in the class so I had the kids partner up with their mother for one practice. The parents enjoyed it and I hope they will try it with their kids at home.
子供たちは6秒間ドリルのスピードが大変気に入りました。そして子供たちが新しい単語を良く覚え忘れないことに驚きました。生徒同士の会話もとても楽しんでやっていました。保護者の方も一緒にやっていただき、子供と親のペアで会話をすることが出来ました。保護者の方も喜んでいただき、お家でも引き続き英語でやり取りできると良いと思いました。


-- Workshop 2 右脳と左脳の活性化 より --

The student to student interaction is a key component that my English lessons were largely missing before starting to use the MAT method. I can see how they would be much more likely to start speaking English with their friends once they get used to speaking English in pairs during class.
MATで教え始める前は、生徒同士の会話というものがありませんでした。生徒同士の会話がレッスンのキーポイントになると思います。そしてペアでの練習を取り入れるようになってから、友達同士英語で会話するようになりました。

The gestures I've been using so far have been working, in the sense that I am now getting more complete and consistent sentence responses rather than just nouns or verbs. The kids want to do the action, which means they automatically use the associated word.
ジェスチャーを使い始めてみたところ上手くいっています。名詞や動詞だけではなく、意味の通った、フルセンテンスを言えるようになっているからです。子どもたちは、ジェスチャーをやりたがり、自動的に発話とリンクさせています。

What was missing were more speaking opportunities for my students and practicing question forms. So I first introduced 6-second drill games and the result was better than I expected. As I flipped the cards, my students are more eager to speak out, and they are faster and more concentrated. My students speaking time in class has increased.
今までは質問文の練習、また英語で話す時間が自分のレッスンには欠けていました。そこで、まず6秒間のドリルを行いました。結果は想像以上のものでした。カードをめくるたびに生徒達は発話したいという意欲を見せました。そしてどんどんスピードと集中力がアップしていきました。生徒がレッスン中英語で話す時間が増えました。

What was missing were more speaking opportunities for my students and practicing question forms. So I first introduced 6-second drill games and the result was better than I expected. As I flipped the cards, my students are more eager to speak out, and they are faster and more concentrated. My students speaking time in class has increased.
今までは質問文の練習、また英語で話す時間が自分のレッスンには欠けていました。そこで、まず6秒間のドリルを行いました。結果は想像以上のものでした。カードをめくるたびに生徒達は発話したいという意欲を見せました。そしてどんどんスピードと集中力がアップしていきました。生徒がレッスン中英語で話す時間が増えました。

The biggest thing I have changed is I now teach many tenses to my younger students. I have used the future tense in most of my private classes. I have also started teaching the simple past tense.
一番大きく変わったことはいろいろな時制を小さな子供にも教えることが出来るようになった事です。未来形や過去形も教えています。

I benefited immensely from the second workshop the combination of theoretical explanation and step by step walk through of the MAT method lesson plan coupled with a practical application helped move the information to my long term memory. I can count to seven in Hawaiian.
このワークショップでは論理的な裏付けとMATの具体的な教え方を同時に学ぶことが出来ました。私はハワイ語で7まで数えることができるようになりました。

The more I introduce the language through repetition and practices the more they learn better and the longer they remember. And I could see the results of our lesson instantly on that day that they learned something before leaving the class. And when they come back for the next week lesson, they can still recall and remember by answering me back correctly.
何度もリピートしたり練習することで、生徒達はより良く、より長く覚えていることができます。そして毎回のレッスンで必ず学習したことが見えるようになりました。そして翌週もまだ生徒達は依然に覚えたことを忘れずしっかり覚えていて私の質問にすぐに答えることが出来ました。


----------------------------------------
他、多数のご意見を頂戴しました。
参加者様からのご意見を参考に、今年度もますます充実したプログラムになるよう準備を進めております。
皆さまのご参加を、一同心よりお待ちいたしております。

2017年度(5月21日スタート)の詳細とお申込み:  IIEEC-OUP Teacher Training Certificate Program 2017


IIEEC Teacher Training Center

 2016.11.02 Updated

福岡 Study Group Meeting 11月27日(日) ■Completed■

福岡 Study Group Meeting のお知らせ


皆様ご健勝のことと存じます。

さて、ハロウィンが終わりますと、クリスマス・イベントや先生方によっては教室の発表会が
計画されているのではないかと思います。

今回のスタディーグループのトピックは下記の内容を予定しております。

1.Q&A cards を使って、文の導入復習をどのように効果的に行うことができるか。MAT METHOD を使って導入の練習も久々に行います。(MAT 基礎練習)
  
2.Warm up ソング、発表会、参観日などに使えそうな歌あそびの紹介。(Songs & Chants)
歌などを導入する際に歌詞だけを丸暗記させるのではなく、動作をつけたりすることは重要ですね。MAT METHOD を十二分に活かして歌を導入するとよく覚えてくれます。
歌のほかにもライムやチャンツも紹介いたします。

3.クリスマス アクティビティの紹介 (Fun Christmas Activities)
今までにご紹介したアクティビティは活かせていますか?数年前に紹介したアクティビティを今の子供達のレベルに合わせることでもっと楽しむことができますね。応用したアクティビティなどを含め、Learning Activities をご紹介いたします。

今年、最後のスタディーグループです。ぜひ、お待ちしております。


日 時: 11月27日(日)
時 間: 13時30分~16時30分(受付13時15分)
場 所: 正友ビル2F(場所は前回と同じところです。)
参加費: 3000円(消費税込み)
参加人数:25名程度
締め切り:11月20日(日)


お申し込みはこちらから。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。


IIEEC福岡スタディーグループは熊本・大分の一日も早い復興を応援しています。
IIEEC福岡事務局

 2016.10.26 Updated

大阪 Study Group Meeting 11月27日(日) ■Completed■

急に寒くなりましたが、皆様、風邪などひかれていませんか?

さて、11月27日のOsaka Study Group Meeting のトピックは
 1) What do you usually do (during winter vacation)? - I usually go skiing.
 2) MAT Phonics (consonants)
 3) Fun Christmas Activities

と決まりました。

今回の勉強会のメインテーマはご要望の多かった頻度を表す副詞、sometimes, usually, always, never についてです。

そしてもう一つのテーマは MAT Phonics です。その特徴は、母音は楽しいジェスチャーを使ってしっかり定着させること、そして子音は 『音の引き算』 を使ってたくさんの音を一気に覚えることができるところにあります。 今回はそのうちの 子音の導入 についてご紹介したいと思います。

そしていつものように楽しいChristmas Activities も一緒に楽しみましょう!

Model Action Talk (MAT) METHOD の画期的な練習方法をぜひご自身で体験し、明日のレッスンからお役立ていただきたいと思います。今までご参加いただいた先生方からも 「こどもたちが本当に楽しいそうに生き生きと勉強している」「英語の定着率が断然よくなった」 そして 「教える私も(先生も)前よりも教えることが楽しくなってきた」 と感想をいただいています。

この機会にぜひ IIEEC Osaka Study Group Meeting にご参加下さい。

日 時: 11月27日(日)13:00 - 16:00 (受付開始12:45)
場 所: 弁天町ORC200 生涯学習センター
    (JR/ 大坂市営地下鉄 弁天町駅より徒歩5分)
Topics: 1) What do you usually do (during winter vacation)? - I usually go skiing.
    2) MAT Phonics (consonants)
    3) Fun Christmas Activities
参加費: 3000円
定 員: 35人

こちらのホームページよりご予約ください。お待ちしています。

なお、Reading & Writing のワークショップを1月29日に開催予定です。準備が整いましたらまたご案内いたします。


(IIEEC OSAKA スタッフブログもあわせてご覧ください。)

IIEEC 大阪

 2016.07.25 Updated

大阪 Study Group Meeting 9月11日(日)開催のお知らせ ■Completed■


夏休みですね!皆様にはいかがお過ごしでしょうか?

さて、9月11日のOsaka Study Group Meetingのトピックは

1) What is it? - It's a robot.
2) It's small. It's a small robot.
3) Halloween Activities

と決まりました。

これまでにワークショップに参加いただいた方々から、Model Action Talk (MAT) METHOD の Skill を丁寧に確認する時間もあり、次のレッスンにすぐに役立ったという喜びの声を多数いただいています。 今回はより丁寧にステップの復習ができるように時間をたっぷりとってグループワークをしようと企画しております。 生徒さんたちが毎回のレッスンの内容に満足して、「できる喜び」を感じてくれて、ますます英語を好きになってくれるといいですよね。 この機会に私たちと一緒に教える技術のブラッシュアップをしましょう!

そしていつものように楽しい Halloween Activities も紹介する予定です。

この機会にぜひ IIEEC Osaka Study Group Meeting にご参加下さい。

日 時 9月11日(日)13:00 - 16:00 (受付開始12:45)
場 所 弁天町ORC200 生涯学習センター
    (JR/ 大坂市営地下鉄 弁天町駅より徒歩5分)
Topics 1) What is it? - It's a robot.
    2) It's small. It's a small robot.
    3) Fun Halloween Activities
参加費 3000円
定 員 35人


こちらよりご予約ください。お待ちしています。


(IIEEC OSAKA スタッフブログもあわせてご覧ください。)

IIEEC 大阪

 2016.07.20 Updated

福岡Study Group Meeting 8月7日(日) ■Completed■


8月7日(日)福岡スタディーグループ ご案内

今回は夏休み期間中ということで、みなさんご予定がおありと思いますが、その一つにこの研修会を加えていただけると嬉しいです。

今回のトピックは「所有格」です。その他に練習した文型をスキットなどと絡ませる方法、また、夏バージョンとしてのアクティビティ、読み聞かせ(Storytelling)、MATの再確認のための練習も盛り込んでいます。時間にもよりますが質問コーナー(教室でのお悩み、レッスンでのお悩みなど)も予定しております。


「所有格」を使った文章の導入方法
レッスンの中で、人称代名詞の「所有格」をうまく使いこなせていますか。
初めて習う「所有格」は my, your ですね。What's your name? My name is ....

ここでmy, yourの使い方を指導されていますか?簡単な意味だけに終わっていませんか。
my や your だけでなく、his, herなどもあります。My name is ... が言えれば、His (Her) name is ...も言えるはずです。そうなると、My (Your) bag is ... / His (Her) bag is ...も使えますよね。

では、どのように指導していきますか。

もうひとつ、Wash my face. を疑問文にすると Do you wash YOUR face? になりますね。おそらく、説明なし子供達自身に言わせると Do you wash my face? になっていませんか?

私は子供達にわざと "Do you wash my face every day?" と尋ねます。子供達の答えはほとんど "Yes, I do." すかさず、"Really?" もしくは "Thank you." と答えます。

子供達の反応は???

IIEEC の Daily Expression cards にある "It's your turn." を基本にしながら、どのように効果的に導入し応用していけばよいのか?
今回は第1回目として my, your, his, her などを Yes/No 疑問文を使いながら進めていきます。
なぜ、第1回目?「所有格」は単数だけでなく、複数もあります。また、3人称が絡むと Does やbe動詞もでてきます。今回は初のシリーズスタイルで進めていきます。

もう一つは「基本センテンスを生かしながら、スキットへ導いていますか?」

Let's GO の中に Let's Talk.というセクションがあります。先生方がそれぞれ、使われている教材で使い方に違いはあるかと思います。しかし、導入方法や応用は基本的にほとんど同じでしょう。今回は Let's GO の中にある Let's Talk.を基本に導入から応用までを説明いたします。あとは先生方が使われているテキストに合わせるだけで大丈夫。

この他にも「学ぶためのアクティビティ」Learning Activities の紹介やStorytelling など盛りだくさんで予定しております。

また、夏ということもあり夏バージョンのアクティビティも取り入れています。その他にも色んなトピックを用意してお待ちしております。

日 時:8月7日(日)13:30~16:30
場 所:正友ビル2F(都久志会館斜め)
    福岡市中央区天神4丁目5−20
参加費:3000円
トピック:所有格 の導入
     Skitへの道び方
     Learning Activities 他
申し込み締め切り:7月31日(日)


お申し込みはこちらから。

皆様のお申込みを心よりお待ちいたしております。


IIEEC福岡スタディーグループは熊本・大分の一日も早い復興を応援しています。
IIEEC福岡事務局


PREV 1  2